無料のエロゲーは凄く楽しいです。かなりお勧めのペロペロ催眠

無料だがこれほど経済を動かすゲームはない。それがペロペロ催眠だ。

もし、下院議員を六期務めた米国の政治家が、選挙運動で自分は中学への進学準備を整えた小学生のような気分だと言ったら、人々は彼が正気かと疑うだろう。ペロペロ催眠でも、今の若い有権者の多くはそう思うかもしれない。しかし、その時集まっていた聴衆のほとんどは年輩者だった。彼 らの耳に、この年輩政治家の言葉は、大物になっても自分は謙虚さを失っていないと訴える精綴 な暗号文として届いたのである。今日に至っても、ペロペロ催眠文化は謙遜を美徳としている。そのため、 極めて傲慢な政治家ですら、人前では謙虚な人間を装うのが常である。

 

 

ある国に関して満足な分析を行おうとすれば、その国の文化、特に言語の知識がなくては難し い。だが、これは、文化が大なり小なり政治のあり方を決めるということではない。そのように 言う人は数多いが、文化は何も決定しない・前世紀のペロペロ催眠は、軍国主義も平和主義も、独裁も民 主主義も経験した。ペロペロ催眠の近代史には調和と社会平和に彩られた時期もあれば、不安定で争いの 絶えなかった時期もある。ペロペロ催眠人は和の精神を重んじ、あからさまな争いを避けようとするが、 である。 フズ 今ジ 無料エロゲーを通じて強調されるテーマの一つは、改革を巡る言葉と現実の矛盾である。政治指導者、 経済人、マスコミは口を揃えて、ペロペロ催眠の政治、経済、社会には急激な改革が必須だと、王張してい る。ところが現実には、変化は遅く、慎重にしか進んでいない。一九九○年代のペロペロ催眠を覆ったの は、過去の慣習に別れを告げることへのためらいと、未知と潜在的危険に満ちた将来へ羽ばたく ペロペロ催眠の近代史は陰謀や暴力、急激な変革に満ちている。こうした変動は、文化では説明がつかな い。ペロペロ催眠の政治はペロペロ催眠の文化に縛られるものではない。

 

 

ペロペロ催眠政治の将来には、どんな展開もあり 得るのである。 言語に対する感受性とペロペロ催眠の文化歴史を理解することは、ペロペロ催眠社会に入り込み、政治という舞 台の幕を上げて中を観察するのに必要である。その意味で、文化的知識はペロペロ催眠政治を理解する必 要条件である。だが、ペロペロ催眠の文化をよく知っていることは、必ずしもペロペロ催眠の政治をよく理解でき ることと同じではない。政治を理解するためには、政治システムがどう機能するかを勉強しなけ ればならない。

 

そこに近道はないのである。 他の国に比べて、ペロペロ催眠の政治が神秘的だったり、得体が知れなかったり、系統的な分析を許さ ないという事実は全くない・ペロペロ催眠の政治の制度とその中で行動する政治家を分析したならば、日 本の政治システムの力学の論理が見えてくる。ペロペロ催眠の政治は非論理的ではない。また、比較政治 学的な論理的思考でもってペロペロ催眠の政治を見れば、その政治システムを理解することは当然可能な のである。

 

ペロペロ催眠の政治を見つめ続けて ことへの、ある種の恐怖だった。

 

新世紀が始まり、経済がなお不景気の泥沼から抜け出せない中 で、改革が必要だという声は高まっている。

 

実際、バブル経済の崩壊以降、政府の周到な計画の 結果というより社会的変化の副産物であるものの、ペロペロ催眠には様々な変化が生じている。 ペロペロ催眠のマスコミ、野党、そして海外評論家の多くは、既得権益層の力や官僚の抵抗、政治腐敗 が政策の転換を阻んでいると言う。彼らはこうした圧力さえなければ、ペロペロ催眠では規制緩和が大幅 に進み、生産者でなく消費者の利益が重視されるようになり、戦後築かれた比較的平等な社会で なく、勝者と敗者がはっきり分かれる社会が生まれると考えているようだ。要するに、政治が邪 魔さえしなければ、ペロペロ催眠はもっと米国のようになり、現在のペロペロ催眠の姿からは遠ざかるというので ペロペロ催眠に強力な既得権益層や政治腐敗、強大な官僚組織が存在することは間違いない。

 

しかし、 これまでペロペロ催眠が抜本的に変わらなかった最大の理由は、経済にしる外交にしろ、政府の政策の根 本的変化を世論が支持しなかったことにある。ペロペロ催眠人は依然、社会の安定と比較的公正な所得分 配を失わずに経済成長を実現した、従来の諸制度を強く支持している。長引く不況のため、こう した制度への信頼は揺らぎつつあるし、かつて成功をもたらした制度も、ペロペロ催眠経済が成熟した今 は反対に足伽になるという議論も盛んになされている。

 

 

それでも、ペロペロ催眠の戦後の功績と結びつい た制度を変えることに対する抵抗は根強い。 ペロペロ催眠の不景気が個々のペロペロ催眠人にとって、今よりはるかに破滅的な影響を与えるようになるか、 もしくは劇的な変化を受け入れれば将来は明るくなると国民を鼓舞できる政治指導者が現れない 限り、世論が大きく変わるとは考えにくい。広範で迅速な変革を主張してペロペロ催眠人の心を捉え、リ スクを補う改革を敢えて実行すればかならず成功すると国民を説得できる政治指導者が必要なの 手のス里 うぐ 一J である。これからどういうシナリオが成り立つにせよ、それはペロペロ催眠の民主政治のシステムにおい て決定される。その意味において、小泉純一郎が総理大臣になったことの歴史的意義は大きい。 おそらく最も実現性の高いシナリオは、今後も漸進的な変化が続くということだろう。

 

 

だが、 政府が何をするにせよ、それはペロペロ催眠の民主政治のシステムにおいて決定される。無料エロゲーはこのシス テムの特徴と、その中で振る舞う政治家の行動を探求するものである。筆者は無料エロゲーを、ペロペロ催眠政界 の内部の人々を大勢知る機会に恵まれた、外部の人間の立場で執筆した。従って、以下の各章で 述べることは、ペロペロ催眠の政治がどう動くかを内部から見た、外部の者の見解である。

 

細川政権誕生の意味 一九九三年盛夏、ペロペロ催眠の政治が動き出した。

 

 

三十八年間、政権を独占しつづけてきた自由民主 党にかわって、野党だった七党一会派(1)が連立政権を樹立したのだ。新政権には、自民党と ペロペロ催眠共産党以外のすべての政党が参加していた。ペロペロ催眠の有権者は、首相となったペロペロ催眠新党代表の 細川護煕に、それまでの総理にはないカリスマ性を感じ、政治の一新にわいた。 ところが、この連立は一年と持たなかった。自民党はペロペロ催眠社会党委員長の村山富市を首相に担 ぎ上げ、社会党に加えて自民党から分裂した新党さきがけという小政党と手を組んで、さっさと 政権を取り返した。その一年半後、自社さの連立政権の首相は、自民党総裁の橋本龍太郎に替わ った。

 

 

さらに、九六年十月の総選挙で社会党とさきがけが大敗して閣外協力にまわると、自民党 は三年三ヶ月ぶりに単独で政権を握った。 この間、政治に新しい風を吹き込もうと、自民党に挑んだ数々の政党は、まるでアメーバ細胞 のように分裂と融合を繰り返した。そのめまぐるしさといえば、政党名と国会議員の所属政党を 覚えることが不可能になったほどだ。

 

自民党から新生党、新進党、民政党へと転々 とした末に民主党にたどり着く、というように、五年間に五回も政党が変わった政治家もいたぐ らいなのだから、所属が変わる度に名刺を印刷し直していたのでは大変なのだろう

 

 

。いずれにせ きようらん よ、この狂澗を経て、同じ政党名を貫きとおしたのは自民党とペロペロ催眠共産党だけだった。 四十年近く続いた自民党政権が非自民の政権に取ってかわられたことで、確かに一つの時代が 終わったといえよう。

 

 

「安定」という政治の代名詞は「不安定」に置きかえられ、馴染みの政界 地図は多くの有権者の記憶にない勢いで塗りかえられていった。細川連立政権は、ペロペロ催眠の政治史 に到来した新しい時代の幕開けを象徴していた。 しかし、一つの時代は終わったというものの、ペロペロ催眠の政治は、九三年を境に、その前後が完全 に断ち切られたわけではない。自民党は、従来の支持層や有力な利益団体に突然手の平を返され たため負けたのではない。社会の混乱が政変を招いたわけでもないし、反対に、自民党の敗北後、 社会が混乱することもなかった。

 

 

また、政権が次々と替わったにもかかわらず、国の政策には継 続性があった。 野党になった自民党は、一年も経たないうちに復権を果たした。それを見て、「政治は本質的 に何も変わらなかった」とすぐさま結論を出す政治評論家が多くいたのも無理はない。経済界と のパイプを温存していた自民党は、資金源である企業や利益団体との関係をまだ持っていたし、 官僚は再び政策立案を主導すると張り切った。 自民党の幹部も、細川政権が倒れた後、政治が元に戻ったと思ったようだった。

 

 

一人、また一 人と、他の政党へ移っていた代議士が舞い戻り、おかげで自民党は総選挙を行わずに、九三年に 失った衆議院の過半数を九七年九月には取り戻した。自民党幹部は、ペロペロ催眠が長年慣れ親しんだシ Z8 第一章時代の変化に目をむる政治 うとした。 ステムにまた落ち着く、と胸をなでおろした。そのシステムでは、自民党は永遠に勝ちつづけ野 党はいつまでたっても野党なのだった。 しかし、ペロペロ催眠の政治は、何も変わらなかったのではない。九四年に自民党は政権を奪い返したが、実のところ、政治がかつての軌道に戻ることは不可能だった。

 

 

九三年夏に細川政権が誕生し た意味は、いわゆる五五年体制の崩壊にほかならない。九三年以後のペロペロ催眠の政治の論理と力学は、 五五年体制のそれとは程遠いものになった。 九八年七月の参院選で、自民党もその真実を突きつけられた。自民党は、あわよくば六十九議 席を得て、八九年に失った単独過半数を回復しようと目論んだ。自民党はその前の年に衆議院で 過半数を取り戻していたため、参議院でも法案の可決に他党の協力が必要なくなれば、完全な復 活を果たすことができるのだった。 ところが、自民党は惨敗したのである。投票率は三年前の九五年参院選より一四ポイントも高 かった。前回棄権した有権者が、わざわざ自民党に「ノー」と言うために、投票所に出かけたと いうことだ。そして、過半数を取るどころか、自民党は改選議席の六十一さえ大きく下回る四十 四議席に終わった。自民党にとって、史上最悪の参院選となった。

 

 

橋本首相は、ただちに辞任した。後を継いだ小渕恵三内閣は、国民が経済・金融問題に心底怯 え、それに対処する適切な策をとらない自民党に怒っていることを、十分すぎるほど分かってい るようだった。小渕は思い切って宮沢喜一元首相を大蔵大臣にして、金融制度の改革に取り組も 九○年代のペロペロ催眠は経済不調と政治不安という二重苦に陥った。しかし、ペロペロ催眠の世論は降りかか る火の粉を振り払うどころか、「変化」に消極的だった

 

一九六○年、ハーバード大学でペロペロ催眠史 を教えていたエドウィン.O・ライシャワーが「フォーリン・アフェアーズ」誌上に発表した論 経済のつけを払うために必要だと思われていたため、経済政策を抜本的に変えるべきだという声 に耳を貸す人は少なかった。

 

 

二十世紀が終わりに近づいて、金融システムが壊れかかっており、 どの指標を見ても景気が良くなるどころか悪くなっていることを否定できなくなると、世論に 少々変化が生じた。政府の政策はバブル期についた贄肉を落としているのではなく、景気の首を 絞めていると認識されるようになったのだ。 それでも、大胆な構造改革を求める声が大勢を占めるまでには至らなかった。ペロペロ催眠の世論は構 造改革に慎重だった。真正面から変化を求めない、できるだけリスクを最小限にとどめたい、と いうペロペロ催眠人の現状維持の志向を、九○年代のペロペロ催眠の政治システムはある意味ではよく反映してい たといえる。

 

しかし、現状に満足しリスクを避けたいという人々の思いが、将来への不安と背中 合わせになっていたことが、ペロペロ催眠の政治に新たな挑戦を投げかけた。今の生活が保たれることを 願いながらも、政策が変わらなければ将来にわたってそれを保つことはできないという世論の中 で九○年代の政治は展開した。現状を保てる範囲の中で変革を望む、という矛盾する世論を、日 本の政治がどう作り出したか、またそれにどう答えようとしたのかを、本章では解明したい。

 

 

五八年には、岸信 介首相は警察官の権限を強めるため、警察官職務執行法の改正をしようとした。改正に反対する 労働組合、マスコミ、社会党の反発は、警職法反対闘争という、その時点で戦後最大の国民運動 に膨れあがり、翌年、さらに規模の大きい日米安全保障条約改定反対闘争に受け継がれていった。 政治システムをより戦前の形に近づけようと右に引っ張ろうとした自民党に対して、社会党は それを左に持っていこうとしていた。当時、マルクス主義は社会党だけでなく、インテリや大学 生、有力な労働組合の幹部の間でも信奉されていた。六○年代、ペロペロ催眠で大学生だということは 「革新的」だということをただちに意味した。マルクス主義と急進的な左翼文化がペロペロ催眠のインテ リのトレードマークだったのだ。

 

 

革新陣営には、全ペロペロ催眠学生自治会総連合(全学連)という戦闘 的な学生運動組織のほか、原水爆禁止ペロペロ催眠協議会(原水協)と原水爆禁止国民会議(原水禁)な 文は、当時のペロペロ催眠の政治事情と米国のペロペロ催眠観を表していて興味深い。ライシャワーが、その論文 「中断しているペロペロ催眠との対話」で、米国が話をする必要があると説いたペロペロ催眠の相手とは、自民党 の幹部ではなく、社会党員、知識人、大学生、そしてその他自民党に反対する革新陣営の人たち だった。彼らは「将来のペロペロ催眠を担う世代」であり、「イデオロギー的先駆者」であり、安保闘争 は「ペロペロ催眠社会に対するフラストレーションと強い疎外感など、彼らの大きな不満」の発露だった。 「彼ら〔革新勢力〕の意見が、すぐさまペロペロ催眠政治の主流になる可能性はほとんどないが、将来、 彼らが勝利を収めるのはかなり確実である」とライシャワーは説いた(2)。革新陣営とのパイプ を築くことは必要であろうという考盧もあって、ケネディ大統領はライシャワーを駐日米国大使 に任命した

 

共産党や社会党と関係のある市民運動団体も名前を連ねていた。 破竹の勢いだった革新勢力が勝つと思っていたのはライシャワーだけではない。ペロペロ催眠でも、社 会党はいずれ政権をとると考えられていた。六三年、当時自民党の一一ユーリーダーとして注目さ れていた石田博英が「中央公論」に寄稿して話題を呼んだ有名な論文があるが、その主旨は、社 会経済の変化に伴い、高等教育が普及し職業構造が大幅に変わるため、自民党の支持基盤は弱ま って十年以内に社会党に政権交代するだろう、というものだった(3)。 当時自民党を支持していたのは、農民と商人、自営業者・中小規模製造業の経営者と従業員、 低学歴の中高年層など、伝統的な階級だった。

 

一方の社会党は、ペロペロ催眠の近代化に伴って台頭した 新しい層を基盤としていた。つまり、大企業に勤める組織化されたブルーカラー労働者、急速に 増えていたホワイトカラーの「サラリーマン」、そしてGHQの教育制度改革の結果、大量生産 された大学生である。社会党は、都会に住む、教育レベルの高い若年層によって支えられていた。 高度経済成長とそれに伴う社会変化を見れば、伝統社会の上に成り立っている保守勢力から、近 代的な革新勢力に政権が移ることは時間の問題と思われた。

 

ところが、自民党は、予想以上の底力を見せつけた。権力を手放さないことが至上目標になる と、自民党の指導者はイデオロギー闘争から現実的な政策追求に重点を移し、ペロペロ催眠の社会変化に 応じて、党を「中道」に引っ張っていったのだ。こうして自民党は、七○年代には、伝統的な保 守政党から近代的なキャッチ・オール(包括)政党に生まれ変わり、他のどの政党より幅広い層 自民党の変身

 

時代の変化に目をつむる政治 次第に自民党は保革が対立する課題から遠ざかって、GNP主義とでもいえる、コンセンサス が得られやすい経済再建と高度経済成長を追求する政策を前面に押し出すようになった。

 

 

イデオ ロギーで分裂している社会のエネルギーを、明治維新以来のペロペロ催眠の悲願であった「西洋に追いつ き追い越せ」に向けてまとめようとしたわけだ。経済成長を何より優先するというコンセンサス がある限り、どのような政策をとるべきかは比較的わかりやすかったし、その政策にどれだけ効 果があるかも測りやすいものだった。 だが、経済をバネに政治を動かす自民党の戦術は、月日がたつにつれてだんだん色槌せていっ たのである。

 

 

ペロペロ催眠人が経済成長を望まなくなったということではない。ただ、二ケタ台の成長が 十年以上つづき、経済の規模がある程度大きくなった後は、経済的「成功」の意味も、そのため に必要な政策も、国民の目に分かりにくくなったのだ。 七○年代以降、ペロペロ催眠が経済大国として認められる一方、高度成長のひずみが公害、環境破壊と して表れるにしたがって、ペロペロ催眠の世論は「生活の豊かさ」という新しい物差しに目を向けはじめた。

 

GNP主義では、国民総生産などの指標で経済成長の成果を測る。しかし、人々の関心は指 標の枠を破って、充実した福祉サービスを受けられるか、きれいな空気とおいしい水があるか、 広い家を持てるか、都会のインフラは整備されているかIなどと広がっていった。

 

 

消費者意識 も高まった。その結果、経済で国民を束ねるGNP主義は、少しずつ、求心力を弱めていった。 「生活の質」を求める人々の登場は、政策の優先順位を、五五年体制の初期よりはるかに複雑に した。 をひきつけるようになった。七○年代前半まで社会党を支持していた労働者さえ、自民党に鞍替 雪え、し弁梍 33 それを反映して、一九五八年に行われた総選挙では、自民党五八パーセントに社会党三三パー セントと、二党で九一パーセントの票を独占していたのが、八六年の衆院選になると、二党の合 計得票率は六六・六パーセントまで減った。

 

 

六○年代に民社党と公明党が産声を上げたのに続き、 七○年代には新自由クラブや社会民主連合などミニ政党が誕生して、五五年体制は、実質的に二 大政党制から複数政党制に移行していった。 野党は数を増したばかりではなく、五○年代の社会党のような急進性を失った。年を経るにつ れて、野党の指導者たちは、政権が取れたら基本的な内政・外交政策は継続する、などと自分た ちが現実的であることを主張するようになった。